2017年12月31日日曜日

「食べれば、、、」

おおみそかの買い物に行った。

行ってほしい、と感じ取れたので

「じゃーー行くか」

と昼前に促す。

するとNさんは支度を始めた。


一通り買い物を終えて帰宅。

昼時間をちょっと過ぎていたが、買ってきたもので、まずは適当に食事にする。

ここまではいい。


夕方、余り早い時間だと「こんな時間に」と怒り出すことがあるので
頃合いを見計らった時間帯。

「さあ、じゃー、夕飯とするか」

というと

「食べれば」

とひとこと言って、そのままますっと炬燵に入ってしまっていました。

肩すかしを食わされた私は、怒りを抑えながらも、冷蔵庫から買ってきたばかりの貝柱、とサーモンの刺身をすこしずつ取り出し、締めるときにちょっとだけ、それを表現するように音をたて締めたのだった。

しかし、取りだした刺身だけではちょっと足らないかもしれないと思い、焼きそばも付け足した。

出来上がったところで、勝手にビールを取りだして、抵抗の姿勢を示したのだった。

テレビは、おおみそかのダウンタウンの「笑ってはいけない」がやっていたが、見て一緒に笑うのも冗談のように感じられたので、図書館で借りた「詰め将棋」の本に没頭したのだった。

●Nさんのこと。記録しとかねければいけない。






2017年12月12日火曜日

カリントが無い

両唇のはじ、切れ目のところが切れて痛い、と言う。

「薬の副作用か?」
聞くとそうだという。

あまり会話をしてこないNさんがめずらしくきりだした。

食事中だった。

近頃、食べるものが違ってきていた。
それぞれが自分用に食材を用意し食べるようになっている。


テーブルのおかしいれの容器にカリントが入っていたのでMは食べた。
食後のちょっとしたおつまみだった。

ひとつ食べると、ボリボリ次々と食べてしまうところがある。不思議な甘さがあるのだ。


しかし、ここでいやな予感はしていなかったわけではないが。

夕食が終わって、またちょっと食べた。

それで、修理が終わってみれるようになっていたテレビを見ていたら

「あら、また、カリントがこんなに少なくなって」

と、Nさんが言い出した。

「エッ」と言ったきり、Mは、絶句した。

が、ちょっと間をおいてから、

「また、言い出したな。食べていけないものならなぜはじめから言わない。別の場所に隠しておくか、ダメだと言っておいてくれればいいのに」

と珍しく感情をあらわにした。

すると、Nさんの表情が変わった。

「、、、」


しばらくおいてから、ちょうど湧いたいたお風呂にMは入った。

そして出てきて、すぐにコンビニに出向きカリントを買いに行った。

お菓子の容器にそのカリントを入れて
「さ、あなたの好きなカリントどうぞ召し上がれ」

そう言ったのだった。

●Nさんのこと。記録しとかねければいけない。












2017年11月28日火曜日

ドアフォン。(Nさんのこと)ー1

Nさんのことのことをこれから記録していこうと思う。

「ダンス」からは離れるので、ご容赦のほどを。

2017年11月28日。火曜日

いまは、Nさんは昼から仕事となっている。
いろんなことがあった後、週4日、半日づつの勤務となっている。

そんな日、Mはかねてから考えていたことを先週実行していた。

家の、ホームベルを新しいのに変えることだ。費用は2万円弱だった。

外からピンポーンと呼ばれると、その声とその人の映像が部屋の中の小さなモニターに映し出されるというのだ。

これがいまでは当たり前なのだと業者は言う。

当地に来てほぼ、30年取り替えずに前のものを使っているのは、この辺で、うちともう一軒だけだった。

少しだが、お金が出来たのでMは真っ先に取り替えを実施した。

夕方、Nさん帰宅。

その旨を伝え、新しい「ドアフォン」の方法を説明しだしたときだ。

「2階はどうなったの。2階も替えないと」
「2階は必要ないだろう。そう思って取り払ったよ」
というと

「2階を替えないと意味ない」
と言いだしたのだ。

また、はじまったのだ。

「何?!2階は必要ないだろう。それにこれまでほとんど使っていないだろう」
「、、、」
「本当に必要だったら、オプションで取り付けできるからそうすれば、、」
「、、、」

素直ではないから、必ず「いちゃもん」をつけるのがこの人のクセ。

今日はさすがにMも頭に来て
「取り付けてよかったね、のまえに、まずいちゃもんかい。なんて性格のわるいことだ。」
と言った。勢いだった。

だが、これしきのことをいったからと言って動揺するような御仁ではない。

「反省する」「誤る」という言葉はこの人にはないのだ。

これまで半世紀近く付き合ってきて「反省」のことばやアクションというのを、Mは一度も見たことがないのだ。

●Nさんのこと。記録しとかねければいけない。











2017年11月1日水曜日

パーティでの踊り方

ダンスパートナー募集の掲示板で出会った人と久しぶりに今日パーティに行く。

踊ってみてすぐ、彼女の踊り方やフォローの取り方が違うのがはっきりわかった。


パーティでの踊りは、

①ルーティンはないので、男性のリード次第である
②女性は、男性からの発信を感じ取り踊る

アドリブなのだ。これが基本なのだ。

相手の力量はさまざまだから、それに合わせて男性は踊りを組み立てることになる。

ところが、「パーティでの相手」を希望していたこの人。

このパーティダンスを全然理解していない様子。

とまどいもあるのだろうが、「ルーティンがない」状態で踊ることがおわかりではないようだ。

いつかパーティで出会った人が漏らしていた「同じサークルの人となら踊れるのに」といっていた人と同じ考え違いをしている。

そのことをはっきり言葉でいう必要があるのか、考慮中だ。

ちょっと、デリケートな問題を含んでいるからだ。


関連参照
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

基本的なこと
社交ダンスを始めるには




2017年10月5日木曜日

パーティ・スタイルを考える3


定例のサークル主催のダンスパーティを開催しました。

狙いはほぼ同じで、

①一人で参加してくるダンス愛好家が楽しく踊れること。

②ミキシングは、スタートライン地点に揃い、
一斉にスタートする方式の試み。

③サークルの存在を知らしめ、入会への案内をすること。

などだが、今回も好印象が得られた。

これは、パーティ・スタイルへのひとつの試みなのだ。


今回、はっきりその反応と、この地域での傾向がわかった。

あとはその方向で編成を行うことだと思うのだ。


関連参照:
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    
スリムさんのダンス日記

基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2017年9月8日金曜日

きれいに踊れた!

パーティに行ってきました。

普段あまり行かないあるサークル主催のパーティだった。

平日にも関わらず、かなりの人数が来ていた。

さて、今日の収穫は何と言ってもFさんとのワルツだった。彼女が来ていたのだ。

たぶん、私がいまのところ知り得た最高のダンサーだと思っている人だ。

ブログ上で公言してもいい。私は、彼女のファンなのだ。

トライアルのチャンス。ワルツが空いていると言ってくれた。

私は躊躇無く、ワルツを申し込んだ。第2ヒートにギリギリ間に合った。


ワルツの自分の持ちアマルガメーションの2番で踊った。

時間は2分以上あったようだ。すべて出して完璧だったと思う。

気分は最高だった。Fさんも何か言いたげでしたが言葉は発していなかった。

私は礼をした。
「あなたは素晴らしい。今日もありがとう」と言ったつもりだ。

関連参照:
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

基本的なこと
社交ダンスの基礎知識





2017年8月12日土曜日

パーティ・スタイルを考える2



サークル主催のダンスパーティを開催しました。

狙いとしては

①一人で参加してくるダンス愛好家がいる。

そういう人たちを飽きさせない工夫が必要だと感じた。

そこで、ミキシングの回数を1種目6回実施した。

②また、パーティで流れる音楽はすべて、
スタンダードは1分30秒に、ラテンは1分15秒は変わらず、ラテンを少なめにして構成してみた。


③ミキシングも、
「次々にでて半周も行かないうちに大渋滞に巻き込まれる」のを嫌ってスタートライン地点に揃い、一斉にスタートする方式にした。


④新会員募集。
狙いとしてはサークルの存在を知らしめ、入会にもっていくこと。

今回、パーティの最中に男性から入会の意思を伝えられた。


全体として、結果は好評だった。

ある女性は近づいてきて「この方式いいですね」と言ってくれた。

また、次回のパーティへの抽選会が予定より早く終わったので、
ウインナワルツとクイックステップを入れてみた。

参加者が何組かあった。



今日のパーティは、パーティ・スタイルへのひとつの試みである。

どう評価されるかは次回以降に見えるはずだ。

また、2ヶ月先に主催のパーティがある。


関連参照:
ダンスパーティについて①
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    
スリムさんのダンス日記

基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2017年7月15日土曜日

続・パートナー募集

ダンスパートナー募集のつづき。
-------------------------------
それで会いました。

以前同じ会場で顔を見かけたことがあるのを思い出した。

だがそれ以上の印象はない。


結論から書いていこう。

分かったことは彼女は競技選手で、ある団体のB級だそうだ。

踏歴自体は11年。競技に出て8年。


でも踊ってみるとぎこちない。慣れていない印象。だが、体の密着度が凄い。

スタンダードもラテンも踊ってみた。

彼女の希望はパーティでの相手

まあ、少しお互いに様子を見ていきましょう。この出会いは偶然なのだから。


関連参照:
スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

社交ダンスを始める

2017年7月8日土曜日

パートナー募集-2

ダンスパートナー募集の反応がまたありました。

昨日突然メールが入っていたのです。

それで、メールでやりとしていたら、近くに住んでいてキャリアも同じくらい。

私が指定したパーティの会場にも近いようだ。

5~6回のメールのやりとりの末、来週合流することになった。

これはこれで楽しみで、お互いに無理をしないで持続できればいいかな、ぐらいの気持ちで臨むことにする。

やはり実際はパートナーがいて思いっきり練習が出来たらいいだろうといつも思っている。

今回どうなるか。結果はまた書くことにしましょう。

関連参照:

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

社交ダンスを始める

2017年6月28日水曜日

アシモの真似しなくていい。

ポイズ(立ち方・姿勢)について改めて考えてみる。

ボールルームテクニックを丁寧に解説してくれている「ダンス上達の道しるべ」にこんな記述があります。

私がいつも気になっている点にズバリ触れているので引用します。

---------------------

座る生活様式で育った日本人は、立ち上がっても股関節に曲がりが残り、体重がかかるのは つま先の方ではなくてもっと後ろの、土踏まずから踵の方にかかります。

腰が後ろに引けて頭が前に出る傾向があります。

これが、技術書に示されたポイズとは大きく異なっているのです。

技術書では、ポイズを次のように示してあります。
<男子:
 頭は直立させ真っすぐな姿勢で立つ。
・ボディーはウエストで引き締め、
・体重は足のボールの方向へ前方に保ち、
・肩はリラックスさせ、
・膝はほんのわずか曲げて保つこと。>

<女子:
 真っすぐな姿勢で立ち、
・ボディーはウエストで引き締め、
・体の上部と頭はわずか後方で少し左側に、
・膝はほんのわずか曲げ、
・体重を足のボールに置く。>

日本では股間節を曲げるという主張を聞くことがありますが、
股間節を曲げたら膝はほんのわずかではなく、もっとたくさん曲がります

股間節を英語では ヒップジョイントと言いますが、私が30年読み続けたレターサービスの中で、この言葉に出会ったことは一度もありませんでした。

男子の立ち姿を横から見たら、踵から上に伸びる脚は前に傾いていて、
腰が足の真上にあり、腰から上の胴体は真っすぐで床に垂直に立っていて、

もし、「踵を上げなさい」 と言われたら、上体を前に動かさなくてもそのままスッと踵を高く上げることができる形が、自分の基準の形として必要です。

女子の場合は、
男子の基準の形から体の上部と頭を少し後ろに反らせ、更に少し左側に保ちます。
曲げるのではありません。

女子の練習
鏡に面して両腕を横に水平に上げて立ち、
右手を右の遠くにあるものを取ろうと伸ばしてみたり、
左手も同じように左に伸ばしてみたり、
両腕の水平を壊さずに左右に移動させると、
上体を曲げないで左側に保つコツがつかめます。

---------------------

どうですか。

かなり上手な人でも、年配の女性の先生でも股間節を曲げることにこだわっていました。

私はこれを以前、HONDAのアシモにたとえて記述しています。
だが、釈然としなかったのです。

やはり、そうしなくていいのだと思った。

これは日本的なダンスの致命的な誤りのひとつだと確信した。


関連参照:
ダンス上達の道しるべ

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

社交ダンスを始める

2017年6月16日金曜日

パーティ・スタイルを考える1

私たちのサークルで久しぶりにダンスパーティを主催しました。

半年ぶりでした。

必要な、椅子の規模は100人弱ぐらいのもの。

さて、ここ何回かのパーティ主催で試みた事を記してみたい。

まず、一人で参加してくるダンス愛好家がいる。

そういう人たちを飽きさせない工夫が必要だと感じていた。

そこで、ミキシングの回数を1種目6回実施してみた。

前半はW、Tの2種目、後半は、S.Rで2種目とした。

また、パーティで流れる音楽はすべて、
スタンダードは1分30秒に、ラテンは1分15秒に全部編集して用意した。

ミキシングのスタート。
次々に出て行くスタイルだと、どうしても最初のカーブのところで大渋滞して
しまうので、それを嫌い、スタート地点にそれぞれつき、一斉にスタートする方式にした。

目一杯踊ってもらうのだ。

結果は好評だった。
ある女性は近づいてきて「今日はホントにたくさん踊れました」と感想を言ってくれた。

ただ、ちょっと計算違いだったのは、そのセッティングに若干時間がかかることだった。

まあ、その分、次のフリーダンスタイムを短くすればいいだけなのだが。

サプライズのコーナーを作ってみた。
ワルツ・タンゴ・スロー・ルンバ・チャチャチャのほかに、ウインナワルツとクイックステップを入れてみた。

そしたら参加者が何組かあった。これもおもしろいかも知れません。

ここでもちょっと誤算だったのは、「だったらパソドブレもかけてくれ」とCDをもってきた人がいた。

仕方ないので応じたが、実際に踊ったのはひと組だけだった。

最後に全体の音楽の構成について。

ワルツ、ルンバ、タンゴ、チャチャチャ、スロー、サンバorジルバを回したのだが、印象として「ラテンがとても多かった」という感想が聞かれた。

これはそれぞれの感覚なのでなんとも言えないところもあるが、スタンダードが好きな人はそんな感想をもったのかも知れない。

ここは今後考えて見る必要はあるかも知れない。

また、2ヶ月先に主催のパーティがある。


関連参照:
ダンスパーティについて①
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

ルンバのベーシックステップ
ルンバの基本
人気ブログランキングへ

2017年6月3日土曜日

ホールドの問題2



ダンスのホールドで、「右腕が入ってくる」「右肩が前に出る」というのは、筋肉との関係もあるようだ。

ダンスの身体作りに関係するのは、前鋸筋だ。

前鋸筋は肩甲骨をうごかす筋肉、肩甲骨を前に出したりする筋肉だ。

ここが弱い、というのも「右肩が前に出る」原因ではないかという指摘がある。

これを真に受けて日常的にできる方法でやってみることにした。

インターネットにたくさん出ている方法で自分ができる方法でいいのではないか。

さっそく、これをやってみた。

簡単なのでしばらく2~3日に1回ぐらいは試してみようと思うのだ。。

関連参照
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

ルンバのベーシックステップ
ルンバの基本

基本的なこと
社交ダンスを始めるには


2017年5月16日火曜日

ホールドの問題点

タンゴを踊っているとき、「右腕が入ってくる」と指摘された。

たとえば、ファイブステップのときなど深く入ってきているようだ。

これらの解決策として、
PPのポジションでポイズが崩れないようにするにはどうしたらいいのだろうか?

古いダンスの本かもしれないがこんな記述があったのを思いだした。

「中指と身体が一緒に動く」
そのためには、一定の幅・女性を想定して右手の中指と臍の距離をキープして踊る。

「男性の右手の中指は、常におへその前から動いてはいけない」のだ。

右腕に力が入ってしまうと、手で女性を動かしてしまいやすくなる。
腕には力を入れないことだ。

日常的な練習として17cmぐらいのゴムボールを使うことを思いついた。
これで練習してみようと思うのだ。


関連参照
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

スリムさんのダンス日記
今日も楽しうございました

ルンバのベーシックステップ
ルンバの基本

基本的なこと
社交ダンスを始めるには